三宮で鍼灸をお探しなら南はり灸院へ。神戸市内でのはりきゅうに自信あり。肩こり、腰痛、ストレスでお困りの方は当院へ。美容鍼も行える、駅チカの鍼灸院です。

三宮で鍼灸をお探しなら南はり灸院へ。神戸市内でのはりきゅうに自身あり。肩こり、腰痛、ストレスでお困りの方は当院へ。美容鍼も行える、駅チカの鍼灸院です。 所在地: 〒651-0094 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町3-2-1 / tel: 078-222-2089
【治療案内】優しく強力な気の接触鍼で不快症状を除去~詳細はこちら 【施術の流れ】こころとからだ~全体の調和も図ります。~詳細はこちら 【治療メニュー】患者様に喜んで頂くために。~詳細はこちら
三宮での鍼灸治療が行える。南はり灸院の診療時間
受付時間
10:00~12:30 予約
15:00~19:00 予約
南院長からのお知らせ
当日の予約は18時50分まで(電話にて可能です) 往診も致しており,不在の時もありますので、ご来院の前に電話でご確認いただけると幸いです。
「抗がん剤の副作用の患者様のお喜びの声より」  ((60代女性 N・Nさん 乳がん))


乳ガン(左、リンパ含む)全摘手術を受けました。 今、現在元気です。
”ガン”が特別とは思っておりません(あくまでの私の意見として)。

全てのの病で苦しむ方々、その中の一ツとしてと考えては。

手術する、しない、抗ガン剤治療、放射線、薬物化学療法・・・
決断するのは自分自身です。
ガンで苦しむことより、様々な治療によって、味覚障害、発熱、関節痛、
吐き気、食欲ない、無力症、脱毛、白血球減少、etc・・

このような過酷な副作用がたまらなくつらいのです。

幸いにして、奇跡的にして、抗ガン剤の副作用に軽く耐えられ、食欲旺盛、、です。
鍼治療の支えによって!!

”脈診”、”刺さない鍼”によって、治癒能力を後押しして頂き、
何より免疫力低下による体力の衰えが最小限・・否、むしろ、
元気な毎日を過ごさせて頂いております。病気のすべてが免疫力の低下からなるものと。

東洋医学、西洋医学が混ざって、病で苦しむ方々の生きる喜びとなれば幸いでございます。
時々、薬は毒となり得ると感じています。(平成28年9月1日記す)


(院長補足:乳ガン摘出手術後、4年半以上、きつい抗ガン剤に耐え抜かれました。そのあとも数年
経っておられますが、再発もなく、お元気に過ごされています)
勿論、施術効果は、人それぞれに異なることは前提です。

お悩みのこと、ご相談をお待ちいたしております。

☎ 078-222-2089まで


抗がん剤の副作用やがんによる症状への対処にご興味のある方はこちらからご覧ください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山上りるも様(40代 女性)

  私は、今から6年前「卵巣がん」を患いました。
どうしても抗がん剤治療に踏み切れなかった私の前に、ふと現れたのが南先生でした。

がん患者の会で出会いました。私は、両親共にがんで亡くしていたこと、
自分の身体の不安もあり、南先生にお会いした時は、情緒不安定、
原因のわからない体の痛みにな悩まされる毎日でした。


「是非、一度、うちに来てください」という言葉がきっかけで南はり灸院に通うことになりました。
しかし、はり治療が苦手、すると、「刺さないはりで治療しましょう。」という言葉が返ってきました。
その言葉がきっかけで今もご縁が続いています。

がんを患ってから、色んな先生方の本を読み食生活の改善、免疫力を上げること、
自然治癒力を高めることが如何に大切なことか理解できるようになりました。
そして、生活に東洋医学を取り入れ、癌という病気を克服したいと強く思うようになったのです。

南先生は、毎回、治療前に細かく身体の症状を聞いて下さり、
今、どの部分を強化しなければいけないのかを的確に伝えて下さいます。

そして、刺さないはり治療、日頃の食生活、生活態度のアドバイスもして下さいます。
私の望む治療を提供してくれるので安心感があります。

個人的にはエネルギー療法が気に入ってます。
日頃、寝つきが悪いのですが、
南先生のところにいくと、決まって治療の途中から体中がポカポカし、
いつも冷たい手が温かくなるのが実感できます。

気が付いた時には気持ちよく寝てしまっています。
免疫力が上がっていることが実感できる瞬間です。 身体のバランスを保っていくのはとても難しく、
南先生の手を貸して頂きながら毎日を送っています。


身体は正直で、暴飲暴食が続くと悲鳴をあげます。
気圧の関係で身体に痛みが走ります。
しかし、お陰様で先生の手をお借りしながら、改善の方向へと進んでおります。
そして、やはり世の中には東洋医学だけではなく、西洋医学も必要と日々感じております。
その考え方も南先生と同じであること、共感することも多いです。

謙虚な姿勢で患者さんと向き合う姿は素晴らしいと感じております。
これからは、他人任せではなく自分で納得した治療を、
自分が選んだ先生を信じて取り組まなければいけない、
そんな時代が来たのかもしれません。
先日、昨年ご来院下さった患者様の奥様から本当にありがたい、
心の籠ったお手紙を頂戴いたしました。

患者様は、もう、抗がん剤も使用できぬ段階の終末医療期のがん患者様でした。
肺の胸膜にガンが転移し癒着を起こし痛みを抑えるためと胸膜の胸水の処理のためのご来院でした。

わずか6回の治療しかできずで、痛みのため気を失われるほどの状態になってしまい、
止む無く入院されました。
そのあと、3か月ほど頑張られましたが、2月に永眠されました。

入院されてから、ずっと気になっていたのですが、
先日、奥様から以下の文章のお手紙を頂戴しました。

今となっては後の祭りですが、もう少しはやくご来院していただければ・・

と無責任な言は慎みますが、
本当に、この方には、病を克服してほしかったです。



患者様おひとりおひとりによって、状況も環境も全く違うわけですが、
それでも、今までの経験上、
早ければ早いほど、患者様にとってプラスになることも多いように感じております。

他にもガンや難治症でお困りの方々がおられましたら、
どうか、どうか、お気軽に(悩みをぶち撒けるだけでも結構です)ご相談くださいませ。

ご縁を戴いた方々には、できうる限りのご対応させていただきます。
かなり長くなってしまいましたが、
お手紙の差出人の奥様からご諒承得て、手紙の全文を以下にご紹介させていただきます。

合掌 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(ご家族様のご希望により、実名はすべて匿名○○○○に変更させていただきました)
平成29.4月27日  

南先生お元気ですか?
昨年、少しの間だけでしたがお世話になった
○○○○の妻の○○です。

主人は残念ながら2月11日に天国へと旅立ちました。
47歳の誕生日を迎えた2日後でした。
なかなか心の整理をつかず、連絡が遅くなってしまい、
申し訳ございません。

ずっと気になっていた南先生からお借りしていた本を
お返しします。
この本には、本当に助けられました。
西洋医学から見捨てられた私達夫婦にとって、
希望の持てる本でした。

そして南先生に感謝しています。
南先生は初対面の時から温かく、身内のように主人のことを
本気で心配してくれて、とてもうれしかったです。

主人がいつも言っていました。

「南先生の所に行くと前向きになれる。
奇跡が起きそうな氣がするねん」。

いつもいくたびに言っていました。
心のこもった治療は、主人の心と体にも良い方向へと
向かわせていただきました。

でも時間が足りなかったですね・・・。

主人が「もっと早く南先生に出会っていればよかったのになあ」と、
いつも言っていました。

体がギリギリの状態になってから南先生の所に行ったので、
間に合わなかったのかも知れませんね。

入院してからも「南先生出張で来てくれへんかな?!」
と言っていました。

「体が落ち着いたらまた行こう!!」と約束していたんです。

主人はものすごく、南先生を信頼していたんです。

短い間だったけれど、主人にとって、南先生は恩人で
誰よりも信頼できる主治医だったんだろうなと思いました。

主人は昨年11月17日に救急車で運ばれ、
翌日には、危険な状態へとなりました。

本人も家族も覚悟していました。

でも、そこから3ヶ月は大変貴重な時間となりました。

この3ヶ月があったからこそ、悔いなく生ききることが出来ました。
主人は短い人生だったけれど、
しっかりと寿命を全うしたと思います。

肉体はなくなっても、魂はずっと生き続けると思うので、
前を向いて、残りの人生を歩んでいこうと思います。

南先生に直接お礼を言えなかった主人の代わりに
私がメッセージを伝えさせてもらいます。

「いつも親身になってくれてありがとうございました。
生きる希望を与えてくれてありがとうございました。
出会えたことに感謝しています」
                 ○○○○

主人はきっとこう伝えて欲しいと言っていると思います(笑)
南先生もお体気を付けて下さいね。
そしてこれからも、沢山の人達を助けてあげてください。
ではこのへんで失礼いたします。
                 ○○○○
抗がん剤の副作用やがんによる症状への対処(施術)にご興味のある方はこちらからご覧ください。
はじめての方のために~優しく語りかけるような鍼!“氣功の力”で、強力に効かす☆
当社の特徴は、まず
1)“患者様のお声”にもある通り、「南はり灸院」は、沢山の患者の皆々様から、「神戸の鍼灸院、数ある中、確かな実力をもっており、誠実に決していい加減な治療をしない、おすすめ鍼灸院」という、とても有り難いご評価を頂いております。

2)三ノ宮駅全線から3分から5分程度と、駅チカ。ご利用頂き易い立地です!

3)南はり灸院では、特に滅菌消毒の管理に留意しております。
刺入する鍼は、すべて“使い捨てのはり”を使用しており、その患者さんの施術に使用した後は“医療廃棄物”として、委託業者に廃棄処理をしてもらっております。

4)脈診流氣鍼医術を臨床実践しており、全く刺さないか、または必要以外は極力刺さない、皮膚に接触させるだけの鍼(氣功の氣を流す優しくて氣持ち良い鍼)を、主に施術させて戴いております。
刺す刺さないということは、患者の皆様方がよくなってゆかれるということにおいて、とても大事なことが前提になっております。
それは、”はりを刺す”ということは、人体の体力エネルギーを奪い、刺し過ぎることは、神経学的にも、経絡の氣のエネルギー的にも
バランスを崩してゆくことに繋がりやすいからです。
ですから、全体性の観点から、刺鍼行為は極力必要最小限に抑え、
更に人体のエネルギーの観点からは、
氣功の力を応用した鍼で、強力に、氣血の循り流れの過不足を調整し、身体及び精神のバランス(神経系統、内分泌系統の安定調和、疲れ解消、精神安定)を図って確実に効果を出してゆきます。


5)また当院では、もうひとつの柱として、氣功の整体も多用します。
・クラニアルテクニック:大脳のストレスや疲れを除去する頭蓋調整によって、大脳中枢神経~自律神経のはたらきを活性させます。
・内臓テクニック:全身にある内臓反射点、腹腔臓器に優しくアプローチすることによって、内臓の位置を正し、内臓の働きを活性化します。
・腰部・骨盤調整(仙骨と腰椎のねじれを調整)、肩部・頚部・肋骨の調整。

これらはすべて、やさしい手技+氣功力を使うので、まず痛みはありません。

患者の皆様に早く症状から脱却していただくために、
一人一人に合った最適な治療方法をご提案させて頂きますので、
まずはお気軽にご相談ください。

お悩みのことご相談をお待ちいたしております。
☎:078-222-2089



☆院長プロフィール:
・氏名:南 喜雄
・生年月日:1962年4月生まれ(おひつじ座)55歳
・出生地:神戸

・趣味:①コーラス(学生時代グリークラブ所属)バリトン
    東芝EMIのレコード録音経験多数あります。

    ②気功:経験約26年(沈再文老師、再平老師、加藤公一老師)
・尊敬する歴史上の人物:
    イエスキリスト、天児屋根命、大国主命、神武天皇、楠木正成公、
    王陽明、大塩中斎(平八郎)、河井継之助、ガンジー、マザーテレサ
・信条:「運命の中に偶然は無い」
 「人は宇宙森羅万象の造化生成化育運行のなかで天地と共に栄えるべきもの=大和=大調和の精神」

☆わたしが癒しの道(鍼灸、整体)を日々生きるのは・・

もともと、困っている人を無視することができない性格で、
鍼灸の国家資格を取って業界に入る前から、
よく人に素人のマッサージもどきなどもさせていただいておりました。

また安岡正篤先生を通して、東洋思想の奥深さを知る一方で、
上海から来られていた、伝統的太極拳の伝人の気功家、沈再平老師より
気功や太極拳を習い、氣の医学の存在を知る切っ掛けとなりました。

社会人としては、半導体や電子部品の専門商社で頑張っておりました。
それでも、何か、自分の中でもっともっと直接的に人に役立つ実感をしたい!

自分のこの両手で困っている方々のお役に立ちたい!!
という思いが強まり、8年半在籍していた会社を依願退職し、
氣の医学、東洋医学の主流である鍼灸の道を志すようになりました。

しかしちょうど、平成7年の受験さなかに、神戸市中央区の自宅で、
あの阪神淡路大震災に直撃を受けました。

被災後も、町内の動けないお年寄りの方々の為に動きましたし、
中央区の震災ボランティアにも2月から参加いたしました。

そのなかで、やはり直接自分の手によって、
困っている方々のお役に立つことの実感に
迷いの無いことを再確認できました。

そしてその年の4月に鍼灸学校へ入学し、3年間就学し、
国家資格を得ることが出来ました。

その思いは、20年以上経った今に至るまで変わらぬどころか、
想いがより深いものに進化してきております。


万病の根源と言って過言でない、
頑固な肩首のこり痛み、腰部痛、頭痛などは、
もちろんのこと、
もっともっと難治性の疾患、症状の方々のお役に立ちたいという思いを常に強く胸に抱きながら、
鍼灸治療に取り組んでおります。
例えば、

強烈な抗がん剤の副作用の全身倦怠感、食欲不振、便秘や下痢、免疫力の低下、
あるいは自律神経失調症状などで不眠や吐き気、嘔吐、発汗、緊張、不安感等などの辛さで泣いておられたり、
不妊治療などで中々上手くゆかない方々
に対して
可能な限りを全身全霊でお役に立てることを目指し、
日々、精進いたしております。


お悩みのこと、ご相談、お待ちいたしております。
☎ 078-222-2089まで。
まずはお読みください。
三宮で鍼灸をお探しなら南はり灸院へ。神戸市内でのはりきゅうに自身あり。肩こり、腰痛、ストレスでお困りの方は当院へ。美容鍼も行える、駅チカの鍼灸院です。