お客様の声

腎臓がんの術後、抗がん剤を使用せず、免疫力を高める!!

お客様写真

今から(2017年、春現在)11年ほど前、右の『腎細胞がん』(ステージ3、テーブルb)の全摘術を受け、
約1ケ月間の入院を余儀なくされました。
退院後、『統合医療』という言葉を知りました。
これは 西洋医学と東洋医学の融合した医療のことですが、
手術後は、鍼灸で「免疫力」を高めてがん再発予防の目的で、
南先生にお願いすることにしました。
主治医からは、5年生存率はまだ6割程度、インターフェロンの抗がん治療を勧められましたが、
『統合医療』を信じ、自己治癒力と免疫力を高めることに決意して、
南先生のお世話になりました。

先生のおかげで、今ではすっかりで体調も回復し、仕事も順調に頑張っています。
今では抗がん剤の治療をしなくて本当に良かったと思っています。
つまり、がんをピンポイントで取り除いてゆく西洋医学のお陰と、
その後、東洋医学によって心身のバランスを整え元気を回復し、自己治癒力と免疫力を高めて
がんを再発させない、増やさないといった統合医療の方向性が、私には一番合っていたのだと思います。

南先生の鍼は、大きな特徴として、いつも治療を受けながら興味深く拝見しているのですが、
極力刺さないか、あるいは、まったく刺さない接触だけの鍼なんです。

それは、患者さんの体力ことを最重要に考えているからです。
また、刺さないことによって、免疫力が落ち込んだ人の身体を悪くするリスクがないということを強調されています。
もちろん、免疫力が旺盛で体力がある人には、必要があれば、刺すこともされますが、
他の一般的なの鍼灸家と違って、徹底的に刺すことの意味の追及と臨床経験を積み重ねられてきました。

特に面白いと思った事は、効かそうという思いから、刺せば刺すほど、悪くなることも多いとよく仰っています。
何故ならば、身体全体(大脳や内臓も含めて)と各部分は、目には見えないレベルでも
密接に互いに影響しあっているからだと仰います。

鍼は、むしろ刺さないことの重要性を弁(わきま)えることによって、
効果的な鍼の施術ができるようになるともいつも仰います。

ところで、南先生が事あるごとによく強調されているのは、
真の治療の主体は、一体、誰かということです。

実は、それは医師でも他の治療家でもなく、実は、患者自身そのものだということです。
もちろん、がんを治療する段階では、専門家である東西両医学の治療や知見が必要であります(積極的な治療をしない時でさえ)。
しかし、様々な治療方法で、目に見えるガンはなくなったとしても、
本当の意味でがんの完治および再発予防をするのは、がん体質の改善だといいます。

数年前、アメリカの某有名女優が、遺伝子検査で将来の乳がんリスクを回避するために、
なんと発症する兆候も何もない段階で、自分の乳房を取り除いてしまいました。
その対処方法が、適切であったかどうか、その是非を問うことは、もちろん誰にも出来ません。

しかしガンに関する様々なレポートや知見などから、がんの発症リスクが、
食生活の内容、生活行動様式、精神状態(ストレスフルで免疫力が抑制される、あるいはリラックスや笑いなどの緩みが
免疫力を高めるなど)に大きく左右されるということが分かってきています。

詳しくは、ここでは述べることができませんが、南先生は、
日々の治療よりも、むしろ、こちらの方が重要であることをいつも強調されています。

つまり、本当の意味でのがんの完治、あるいは、たとえがん細胞が消えなくてもがんとともに生きるという選択など、
がんに悩まされなくなる生活とは、西洋医学、東洋医学などの治療と合わせて、これらのことを十二分に留意し生活全般の見直しが絶対的に必要だということです。

そのために、南先生は、患者さんにとって、治療自体よりも大切なことは、むしろ治療家に依存させない治療の進め方ということであり、
そのことを常に考えています。

そして個々の患者さんには、何がその方にとって根本的な問題となり、病気が進んでしまったのかということを考え、
その対処法として、治療の邪魔にならずむしろ後押しするような家庭で取り組めることや、生活の仕方で大事なことなどの情報も提供してくれます。

また、ガンになって分かったことですが、
患者はガンに罹ったことを知った瞬間から、とても不安な心理状態になります。
また職場の環境や友人など周囲の人々もその事実を知ると、様々に対応が変わってきます。
しかし、その大半が患者の心理状態の不安面に拍車をかけることが多いのです。

治療が十二分に効果を発揮して行く上でも、この不安感を和らげてゆくことは、本当に重要なことであると実感していますが、
南先生は、何でも話を聴いてくれて相談にのってくれます。
常に患者さんにとって何が重要かということを考えているからだと思います。

もし、この推薦の文章をお読みになられて、いろいろと不安をお持ちになられている方がおられましたら、
是非、一度、南はり灸院の南先生にご相談されることをお薦め致します。

https://youtu.be/oTgtTm6pO_I

諌山 敏明様  56歳 アチーブ人財育成株式会社 代表取締役社長

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

鍼灸学校の教員の先生から推薦状を戴きました!!

お客様写真

南 喜雄先生を推薦致します。

南先生とは氣功を通じて知り合いました。

これからの鍼灸は、

氣功の原理と根本で通じ合い発展していくと思います。

南先生は、氣功の原理をご自身の治療に生かされ、

やさしく、しかも実際の効果のある施術をされています。

 

氣のエネルギーを調えることで、

身体だけでなく心ものびやかになり、

きっとこれからの人生への気付きを感じられることでしょう。

 

是非、南先生の”ささない鍼”で氣を調えてもらってください。

 

神戸市立盲学校理療科教員  脇岡 望文

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

困ったときの駆け込み寺です(*^▽^*)

お客様写真

いつもお世話になっております。

 

旧住所の神戸駅近くにあった時からですので、

かれこれ10年以上お世話になってると思います。

 

腰痛や背筋痛、首肩こり等

限界に達して、どうにも困ったときに駆け込ませて頂いてます。

 

急な症状はその日に治ることが多いですし、

慢性的な症状は施術日を底に

徐々に回復して行くことが多いです。

 

特にわたしには合っているのか

いつも帰り道はスキップして帰るので

家に帰ると施術前とのギャップに

嫁さんにもびっくりされます(笑)。

 

個別の症状に合わせた熱心な施術、

『症状を治したい!』という先生の熱意が感じられる、

信頼のおけるはり灸いんだと思います。

 

予約が取れなくなるのは困りますが

皆様におススメしたいです。

 

 

 

 

 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

卵巣がんの術後、抗がん剤を使用せず、免疫力を高める

お客様写真

私は、今から6年前「卵巣がん」を患いました。
どうしても抗がん剤治療に踏み切れなかった私の前に、ふと現れたのが南先生でした。

がん患者の会で出会いました。私は、両親共にがんで亡くしていたこと、
自分の身体の不安もあり、南先生にお会いした時は、情緒不安定、
原因のわからない体の痛みにな悩まされる毎日でした。

「是非、一度、うちに来てください」という言葉がきっかけで南はり灸院に通うことになりました。
しかし、はり治療が苦手、すると、「刺さないはりで治療しましょう。」という言葉が返ってきました。
その言葉がきっかけで今もご縁が続いています。

がんを患ってから、色んな先生方の本を読み食生活の改善、免疫力を上げること、
自然治癒力を高めることが如何に大切なことか理解できるようになりました。
そして、生活に東洋医学を取り入れ、癌という病気を克服したいと強く思うようになったのです。

南先生は、毎回、治療前に細かく身体の症状を聞いて下さり、
今、どの部分を強化しなければいけないのかを的確に伝えて下さいます。

そして、刺さないはり治療、日頃の食生活、生活態度のアドバイスもして下さいます。
私の望む治療を提供してくれるので安心感があります。

個人的にはエネルギー療法が気に入ってます。
日頃、寝つきが悪いのですが、
南先生のところにいくと、決まって治療の途中から体中がポカポカし、
いつも冷たい手が温かくなるのが実感できます。

気が付いた時には気持ちよく寝てしまっています。
免疫力が上がっていることが実感できる瞬間です。 身体のバランスを保っていくのはとても難しく、
南先生の手を貸して頂きながら毎日を送っています。

身体は正直で、暴飲暴食が続くと悲鳴をあげます。
気圧の関係で身体に痛みが走ります。
しかし、お陰様で先生の手をお借りしながら、改善の方向へと進んでおります。
そして、やはり世の中には東洋医学だけではなく、西洋医学も必要と日々感じております。
その考え方も南先生と同じであること、共感することも多いです。

謙虚な姿勢で患者さんと向き合う姿は素晴らしいと感じております。
これからは、他人任せではなく自分で納得した治療を、
自分が選んだ先生を信じて取り組まなければいけない、
そんな時代が来たのかもしれません。

山上りるも様 40代 筆跡診断士(「オフィスりるも」 日本筆跡診断士協会認定)

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

病院でも治らなかった首の痛みが治りました!!

先生とは3年のお付き合いになりますでしょうか・・年末いきなり首の痛みから

立ち上がることも横になって寝る事も食事も出来ず

整形外科で首に3本の痛みどめの注射をしていただいても痛みすら改善出来ず

総合病院のCT検査でも詳しい事はわからず困り果てた時

先生をご紹介頂いて往診して頂きました

往診通院と1月弱で通常生活をおくれるように・以来私の駆け込み寺で・・

お陰様にて 今は また元気なパートのおばちゃんです^^

先生には心から感謝致しております

つらい方是非一度受診されてみて下さい!丁寧に親身になって原因を取り除こうとして下さいます

自信を持ってお勧めしたいです^^

40代 主婦 頑固な寝違い&肩首こり

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

「抗がん剤の副作用の患者様のお喜びの声より」  ((60代女性 N・Nさん 抗がん剤副作用の緩和))

お客様写真

平成22年にガンの全摘手術を受けました。

今、現在元気です。
”ガン”が特別な病気とは思っておりません。

他の病気、例えば、高血圧、糖尿病、心臓病、腎臓病、肝臓病と同じように、他の人たちにカミングアウトできないのがとても残念です(がんを特別視する世の風潮に対して大いに疑問を抱いています。本当は、普通に生活できるはずなので、余計な神経を使わないで、笑って過ごす方が、何十倍も、何百倍も身体、免疫にとって良いとわたしは思って過ごしております)。

 

あくまでの私の意見として、

ガンに限らず全ての病で苦しむ方々には、南先生の治療を、様々な治療の中の一ツとしてと考えては、いかがでしょうか。

手術する、しない、抗ガン剤治療、放射線、薬物化学療法・・・
決断するのは自分自身です。
一般的な患者さんにとって(ガン友達も)、ガンで苦しむことより、様々な治療によって、味覚障害、発熱、関節痛、吐き気、食欲ない、無力症、脱毛、白血球減少、etc・・

このような過酷な薬剤の副作用がたまらなくつらいと聴きます。

幸いに奇跡的にして、少なくとも自覚症状として、抗ガン剤の副作用に全く軽く耐えられ、食欲旺盛、、です。
南先生の鍼灸治療の支えによって!!

”脈診”、”刺さない鍼”によって、自然治癒能力を後押しして頂き、
何より免疫力低下による体力の衰えが最小限・・否、むしろ、
元気な毎日を過ごさせて頂いております。

病気のすべてが免疫力の低下からなるものと思っています。

東洋医学、西洋医学が統合して、病で苦しむ方々の生きる喜びとなれば幸いでございます。

薬は薬にもなるし時折、毒となり得ると感じています。(平成28年9月1日記す)

(院長補足:ガン摘出手術後、6年半以上、そのあとも再発もなく、普通にお元気に過ごされています)
勿論、施術効果は、人それぞれに異なることは前提です。

60代女性 N・Nさん 神戸市

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

南はり灸院

ご予約・お問い合わせはこちら

078-222-2089

078-222-2089
メールでのご予約はコチラ
受付時間
10:00~13:00|14:00~21:00
定休日
日曜・祝日(予約受付可!)

〒651-0094神戸市中央区琴ノ緒町3-2-1, 琴ノ緒ビル4F