がんの患者様のお役にたちたい!!抗がん剤副作用の緩和除去、免疫力増強調整、癌全般のご相談

「抗がん剤の副作用の患者様のお喜びの声より」  ((60代女性 N・Nさん 抗がん剤副作用の緩和))

お客様写真

平成22年にガンの全摘手術を受けました。

今、現在元気です。
”ガン”が特別な病気とは思っておりません。

他の病気、例えば、高血圧、糖尿病、心臓病、腎臓病、肝臓病と同じように、他の人たちにカミングアウトできないのがとても残念です(がんを特別視する世の風潮に対して大いに疑問を抱いています。本当は、普通に生活できるはずなので、余計な神経を使わないで、笑って過ごす方が、何十倍も、何百倍も身体、免疫にとって良いとわたしは思って過ごしております)。

 

あくまでの私の意見として、

ガンに限らず全ての病で苦しむ方々には、南先生の治療を、様々な治療の中の一ツとしてと考えては、いかがでしょうか。

手術する、しない、抗ガン剤治療、放射線、薬物化学療法・・・
決断するのは自分自身です。
一般的な患者さんにとって(ガン友達も)、ガンで苦しむことより、様々な治療によって、味覚障害、発熱、関節痛、吐き気、食欲ない、無力症、脱毛、白血球減少、etc・・

このような過酷な薬剤の副作用がたまらなくつらいと聴きます。

幸いに奇跡的にして、少なくとも自覚症状として、抗ガン剤の副作用に全く軽く耐えられ、食欲旺盛、、です。
南先生の鍼灸治療の支えによって!!

”脈診”、”刺さない鍼”によって、自然治癒能力を後押しして頂き、
何より免疫力低下による体力の衰えが最小限・・否、むしろ、
元気な毎日を過ごさせて頂いております。

病気のすべてが免疫力の低下からなるものと思っています。

東洋医学、西洋医学が統合して、病で苦しむ方々の生きる喜びとなれば幸いでございます。

薬は薬にもなるし時折、毒となり得ると感じています。(平成28年9月1日記す)

(院長補足:ガン摘出手術後、6年半以上、そのあとも再発もなく、普通にお元気に過ごされています)
勿論、施術効果は、人それぞれに異なることは前提です。

60代女性 N・Nさん 神戸市

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

がんの治療、抗がん剤副作用の緩和除去、免疫力増強、癌全般に関して

ガン患者さまの皆様のお役にたちたい!!

その理由は・・

ガン患者さまの奥様からのお手紙

 

先日、昨年ご来院下さった患者様の奥様から本当にありがたい、
心の籠ったお手紙を頂戴いたしました。

患者様は、もう、抗がん剤も使用できぬ段階の終末医療期のがん患者様でした。
肺の胸膜にガンが転移し癒着を起こし痛みを抑えるためと胸膜の胸水の処理のためのご来院でした。

わずか6回の治療しかできずで、痛みのため気を失われるほどの状態になってしまい、
止む無く入院されました。
そのあと、3か月ほど頑張られましたが、2月に永眠されました。

入院されてから、ずっと気になっていたのですが、
先日、奥様から以下の文章のお手紙を頂戴しました。

今となっては後のまつりですが、終末期医療の段階になる前に、

もう少しはやくご来院していただければ・・と悔やまれてなりません。

無責任な言は慎みますが、
本当に、この方には、病を克服してほしかったです。

患者様おひとりおひとりによって、状況も環境も全く違うわけですが、
それでも、今までの経験上、氣のエネルギーを用いた鍼灸と整体の組み合わせ治療が、
早ければ早いほど、患者様にとってプラスになることも多いように感じております。

他にもガンや難治症でお困りの方々がおられましたら、
どうか、どうか、お気軽に(悩みをぶち撒けるだけでも結構です)ご相談くださいませ。

ご縁を戴いた方々には、できうる限りのご対応させていただきます。
かなり長くなってしまいましたが、
お手紙の差出人の奥様からご諒承得て、手紙の全文を以下にご紹介させていただきます。

合掌 

お手紙の本文

(ご家族様のご希望により、実名はすべて匿名○○○○に変更させていただきました) 
平成29.4月27日  

南先生お元気ですか?
昨年、少しの間だけでしたがお世話になった
○○○○の妻の○○です。

主人は残念ながら2月11日に天国へと旅立ちました。
47歳の誕生日を迎えた2日後でした。
なかなか心の整理をつかず、連絡が遅くなってしまい、
申し訳ございません。

ずっと気になっていた南先生からお借りしていた本を
お返しします。
この本には、本当に助けられました。
西洋医学から見捨てられた私達夫婦にとって、
希望の持てる本でした。

そして南先生に感謝しています。
南先生は初対面の時から温かく、身内のように主人のことを
本気で心配してくれて、とてもうれしかったです。

主人がいつも言っていました。

「南先生の所に行くと前向きになれる。
奇跡が起きそうな氣がするねん」。

いつもいくたびに言っていました。
心のこもった治療は、主人の心と体にも良い方向へと
向かわせていただきました。

でも時間が足りなかったですね・・・。

主人が「もっと早く南先生に出会っていればよかったのになあ」と、
いつも言っていました。

体がギリギリの状態になってから南先生の所に行ったので、
間に合わなかったのかも知れませんね。

入院してからも「南先生出張で来てくれへんかな?!」
と言っていました。

「体が落ち着いたらまた行こう!!」と約束していたんです。

主人はものすごく、南先生を信頼していたんです。

短い間だったけれど、主人にとって、南先生は恩人で
誰よりも信頼できる主治医だったんだろうなと思いました。

主人は昨年11月17日に救急車で運ばれ、
翌日には、危険な状態へとなりました。

本人も家族も覚悟していました。

でも、そこから3ヶ月は大変貴重な時間となりました。

この3ヶ月があったからこそ、悔いなく生ききることが出来ました。
主人は短い人生だったけれど、
しっかりと寿命を全うしたと思います。

肉体はなくなっても、魂はずっと生き続けると思うので、
前を向いて、残りの人生を歩んでいこうと思います。

南先生に直接お礼を言えなかった主人の代わりに
私がメッセージを伝えさせてもらいます。

「いつも親身になってくれてありがとうございました。
生きる希望を与えてくれてありがとうございました。
出会えたことに感謝しています」
                 ○○○○

主人はきっとこう伝えて欲しいと言っていると思います(笑)
南先生もお体気を付けて下さいね。
そしてこれからも、沢山の人達を助けてあげてください。
ではこのへんで失礼いたします。
                 ○○○○

他にも下の方に、戴いた喜びの声を掲載しております!

実は、免疫を高める方法が沢山あります!

まず、

明るく温かい笑顔が免疫力を高めるのです☆☆☆

  • 摘出手術のあと、抗がん剤などを使用せず、腎臓がんを克服されています。
  • 摘出手術の後、抗がん剤を使用せず、卵巣がんを克服されています☆☆☆
  • 10センチ以上の乳がんを摘出手術の後、5年近く、抗がん剤とホルモン剤の投与を継続され、克服されています☆☆☆

様々なガンによる症状や、強烈な抗がん剤の副作用に悩み苦しんでおられるあなた様に 是非! お届けしたいメッセージです。

「その症状は楽になり、元気と健康を回復できる可能性があります☆」

  1. 刺さない鍼(無出血)で、あなたの混乱し弱った身体と内臓機能の回復と活性化を後押します! 
  2. 自己治癒能力や身体維持機能を阻害する要因を調整して(免疫力の増強)、あなたの身体が治りやすくするための土台創りをします!
  3. 無出血、無痛の刺さない針により、免疫が墜ち込んだあなた様の身体へ負担が少なく安全な施術が可能であります。

例えば、こんな抗がん剤の副作用やがんの症状にお悩みではございませんか?

  • とにかく、全身がだるくてだるくて仕方がない。
  • 食欲がなく、ご飯が食べられず、どんどん痩せてきた。
  • 始終トイレが行くが、下痢が止まらない。
  • 検査値の白血球減少で免疫力の低下で がんが増えないかとても不安
  • 口内炎が出来て、口の中が痛く、ご飯も食べられない。
  • 熱が上がりなかなか下がらず、だるしんどい。
  • とにかく痛くて痛くて仕方がない
  • なかなか眠れない、少しの音でも目覚める眠りが浅い、
  • 吐き気がひどい、吐いてしまう。
  • 寝ていてもぐるぐる回るような感じ
  • その他・・様々なつらくて不快な症状

抗がん剤の副作用やがんによるお辛い症状、大変お察しいたします。
でも、もしかしたら、その症状、楽になる可能性もあります☆☆


あなたと同じ様に副作用の諸々の症状に悩んでいた多くの方々が
当院の施術で改善されて来ております。

まずは当院の施術を受けて副作用の諸々の症状が改善された喜びの声をご覧ください"

患者様の喜びの声!!

神戸市 ○○さん 60代女性 大腸がんの再発から来る播種性多発性末期がん(全身転移)。

一年前に大腸がんの再発から来る播種性多発性末期がん。
余命3か月の宣告を受けました。治療としては、抗癌剤の治療のみ。 2年前に受けた大腸がん(初期)の手術の術後経過がよく、体調も順調だったので、 また、元の生活に戻れると喜んでいた矢先だったので驚きでした。 相変わらず、体調は良く、それでも3か月の命ならと、天理教の修養科に入って、 そこで終わるものならそれもよしと意を決し、天理の病院で、治療を受け乍ら、修養科生活に入りました。 すぐに点滴抗がん剤の治療に入りました。 第一回目は猛烈な副作用で、万事休す! 髪の毛もアッという間に抜けてしまいました。 余りの辛さにもう抗がん剤は、やめようと思いましたが、皆に諭され て、もう一度頑張ってみようと、 修養科に通いながら、治療を始めました。すると意外、2度目の治療からとても楽になりました。 先生が私に合う薬に変えてく ださったのです。 以後ずっと楽で、3か月、無事終了。病状も相当好転しているとのこと。 神戸に戻ってからも、以前の病院と同じ抗がん剤を継続し、それから息子に勧められて、 南先生の鍼灸院で治療を受けることになりました。もともと耳の異常な反響音で困っていたこともあり、 週一回治療受けることになりました。 わたしの抗がん剤の副作用の最も困っていることは、白血球の低下、それに依る免疫力の低下。 自分では自覚がなかっただけに困った症状だと思いました。 しかし、これが半年ですっかり元通りになり、今では免疫力では、ほとんど心配しなくなりました。 抗癌剤で破壊された白血球を鍼灸がしっかり治してくれたように思われます。 「免疫力がつけば癌は影をひそめますよ」と言われた南先生の言葉は本当です。再発から、約一年、、病院で検査をして頂き、一年前のCT写真と比較して見たとき、 身体のあちこちにばらまかれたがんの影が肝臓の一か所を残して、皆消えていました。 その肝臓の影も一年前の大きさとほとんど変わらず、むしろ少なくなっている位で、本来ならだんだん大きくなるのが常識らしいけど、止ていること自体が有り難いことです。 病院の先生は抗がん剤が大変よく効いていますとのこと。その抗がん剤の副作用をしっかりと治してくれる鍼灸。どれをとっても有り難い天の恵みと喜んでいます。

卵巣がんの術後、抗がん剤を使用せず、免疫力を高める

お客様写真

私は、今から6年前「卵巣がん」を患いました。
どうしても抗がん剤治療に踏み切れなかった私の前に、ふと現れたのが南先生でした。

がん患者の会で出会いました。私は、両親共にがんで亡くしていたこと、
自分の身体の不安もあり、南先生にお会いした時は、情緒不安定、
原因のわからない体の痛みにな悩まされる毎日でした。

「是非、一度、うちに来てください」という言葉がきっかけで南はり灸院に通うことになりました。
しかし、はり治療が苦手、すると、「刺さないはりで治療しましょう。」という言葉が返ってきました。
その言葉がきっかけで今もご縁が続いています。

がんを患ってから、色んな先生方の本を読み食生活の改善、免疫力を上げること、
自然治癒力を高めることが如何に大切なことか理解できるようになりました。
そして、生活に東洋医学を取り入れ、癌という病気を克服したいと強く思うようになったのです。

南先生は、毎回、治療前に細かく身体の症状を聞いて下さり、
今、どの部分を強化しなければいけないのかを的確に伝えて下さいます。

そして、刺さないはり治療、日頃の食生活、生活態度のアドバイスもして下さいます。
私の望む治療を提供してくれるので安心感があります。

個人的にはエネルギー療法が気に入ってます。
日頃、寝つきが悪いのですが、
南先生のところにいくと、決まって治療の途中から体中がポカポカし、
いつも冷たい手が温かくなるのが実感できます。

気が付いた時には気持ちよく寝てしまっています。
免疫力が上がっていることが実感できる瞬間です。 身体のバランスを保っていくのはとても難しく、
南先生の手を貸して頂きながら毎日を送っています。

身体は正直で、暴飲暴食が続くと悲鳴をあげます。
気圧の関係で身体に痛みが走ります。
しかし、お陰様で先生の手をお借りしながら、改善の方向へと進んでおります。
そして、やはり世の中には東洋医学だけではなく、西洋医学も必要と日々感じております。
その考え方も南先生と同じであること、共感することも多いです。

謙虚な姿勢で患者さんと向き合う姿は素晴らしいと感じております。
これからは、他人任せではなく自分で納得した治療を、
自分が選んだ先生を信じて取り組まなければいけない、
そんな時代が来たのかもしれません。

山上りるも様 40代 筆跡診断士(「オフィスりるも」 日本筆跡診断士協会認定)

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

腎臓がんの術後、抗がん剤を使用せず、免疫力を高める!!

お客様写真

今から(2017年、春現在)11年ほど前、右の『腎細胞がん』(ステージ3、テーブルb)の全摘術を受け、
約1ケ月間の入院を余儀なくされました。
退院後、『統合医療』という言葉を知りました。
これは 西洋医学と東洋医学の融合した医療のことですが、
手術後は、鍼灸で「免疫力」を高めてがん再発予防の目的で、
南先生にお願いすることにしました。
主治医からは、5年生存率はまだ6割程度、インターフェロンの抗がん治療を勧められましたが、
『統合医療』を信じ、自己治癒力と免疫力を高めることに決意して、
南先生のお世話になりました。

先生のおかげで、今ではすっかりで体調も回復し、仕事も順調に頑張っています。
今では抗がん剤の治療をしなくて本当に良かったと思っています。
つまり、がんをピンポイントで取り除いてゆく西洋医学のお陰と、
その後、東洋医学によって心身のバランスを整え元気を回復し、自己治癒力と免疫力を高めて
がんを再発させない、増やさないといった統合医療の方向性が、私には一番合っていたのだと思います。

南先生の鍼は、大きな特徴として、いつも治療を受けながら興味深く拝見しているのですが、
極力刺さないか、あるいは、まったく刺さない接触だけの鍼なんです。

それは、患者さんの体力ことを最重要に考えているからです。
また、刺さないことによって、免疫力が落ち込んだ人の身体を悪くするリスクがないということを強調されています。
もちろん、免疫力が旺盛で体力がある人には、必要があれば、刺すこともされますが、
他の一般的なの鍼灸家と違って、徹底的に刺すことの意味の追及と臨床経験を積み重ねられてきました。

特に面白いと思った事は、効かそうという思いから、刺せば刺すほど、悪くなることも多いとよく仰っています。
何故ならば、身体全体(大脳や内臓も含めて)と各部分は、目には見えないレベルでも
密接に互いに影響しあっているからだと仰います。

鍼は、むしろ刺さないことの重要性を弁(わきま)えることによって、
効果的な鍼の施術ができるようになるともいつも仰います。

ところで、南先生が事あるごとによく強調されているのは、
真の治療の主体は、一体、誰かということです。

実は、それは医師でも他の治療家でもなく、実は、患者自身そのものだということです。
もちろん、がんを治療する段階では、専門家である東西両医学の治療や知見が必要であります(積極的な治療をしない時でさえ)。
しかし、様々な治療方法で、目に見えるガンはなくなったとしても、
本当の意味でがんの完治および再発予防をするのは、がん体質の改善だといいます。

数年前、アメリカの某有名女優が、遺伝子検査で将来の乳がんリスクを回避するために、
なんと発症する兆候も何もない段階で、自分の乳房を取り除いてしまいました。
その対処方法が、適切であったかどうか、その是非を問うことは、もちろん誰にも出来ません。

しかしガンに関する様々なレポートや知見などから、がんの発症リスクが、
食生活の内容、生活行動様式、精神状態(ストレスフルで免疫力が抑制される、あるいはリラックスや笑いなどの緩みが
免疫力を高めるなど)に大きく左右されるということが分かってきています。

詳しくは、ここでは述べることができませんが、南先生は、
日々の治療よりも、むしろ、こちらの方が重要であることをいつも強調されています。

つまり、本当の意味でのがんの完治、あるいは、たとえがん細胞が消えなくてもがんとともに生きるという選択など、
がんに悩まされなくなる生活とは、西洋医学、東洋医学などの治療と合わせて、これらのことを十二分に留意し生活全般の見直しが絶対的に必要だということです。

そのために、南先生は、患者さんにとって、治療自体よりも大切なことは、むしろ治療家に依存させない治療の進め方ということであり、
そのことを常に考えています。

そして個々の患者さんには、何がその方にとって根本的な問題となり、病気が進んでしまったのかということを考え、
その対処法として、治療の邪魔にならずむしろ後押しするような家庭で取り組めることや、生活の仕方で大事なことなどの情報も提供してくれます。

また、ガンになって分かったことですが、
患者はガンに罹ったことを知った瞬間から、とても不安な心理状態になります。
また職場の環境や友人など周囲の人々もその事実を知ると、様々に対応が変わってきます。
しかし、その大半が患者の心理状態の不安面に拍車をかけることが多いのです。

治療が十二分に効果を発揮して行く上でも、この不安感を和らげてゆくことは、本当に重要なことであると実感していますが、
南先生は、何でも話を聴いてくれて相談にのってくれます。
常に患者さんにとって何が重要かということを考えているからだと思います。

もし、この推薦の文章をお読みになられて、いろいろと不安をお持ちになられている方がおられましたら、
是非、一度、南はり灸院の南先生にご相談されることをお薦め致します。

https://youtu.be/oTgtTm6pO_I

諌山 敏明様  56歳 アチーブ人財育成株式会社 代表取締役社長

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

神戸市 Nさん 60代女性 乳がん:

ガンの手術も体験し、その他、体調は万全ではありませんが、
鍼と灸のおかげで、元気に生活出来て幸せです。
南先生は、我々の知りうる限り、皆様の信頼も厚く、とても感謝されております。
現代医学も必要でありますが、東洋医学の重要で大切なことを、治療を通じて感じております。

患者様一人一人を大切にして下さいます。

そもそも、抗がん剤の副作用とは何故、起こるのか? ガン自身の症状と、混同されることもあるってご存知でしたか?

抗がん剤も様々な種類があり、がん細胞に攻撃を集中させる分子標的薬があります。
またまた2017年のごく最近では、がん細胞が増殖する時、遺伝子の転写を正常細胞にすり替えるような
新しい発想の新しいタイプの抗がん剤が大学などの医科研究機関で研究されているようです。ただ現状では、医療機関、病院が認めているように、症状出現の仕方の大小、期間の長短の個人差があるとはいえ、
ほぼすべての抗がん剤に副作用が付いてきます。また、そもそも、薬剤開発の専門家などの話を伺うと、
例えば食欲不振や倦怠感、便通異常など、症状によっては、
がん自身の症状と見分けがつきにくいものもあります。抗がん剤は、その起源が、マスタードガス(毒ガス)であるという、”毒をもって毒を制す薬剤”です。
がんが細胞分裂をして増殖する時に攻撃し、がん細胞を死滅させます。ところが、残念なことに抗がん剤は、がん細胞だけを攻撃するとは限らないんです。
人間の体は、がん細胞に限らず、常に全身すべてが細胞分裂を繰り返して、日々新しい元気な身体に入れ替わってゆきます。例えば、手足に擦り傷ができても、2,3日もすれば傷が治りますよね。
これも傷ついた部分の細胞を元気な細胞に入れ替えて修復しようとする細胞分裂(新陳代謝)があるからなんです。抗がん剤が血流にのって全身に運ばれ、全身の正常細胞の細胞分裂までも攻撃してしまうこともあります。
抗がん剤の攻撃が体の重要な働きをする臓器や組織、器官に行われたとき、その副作用として様々な体の不調が現れてきます。
 

 

"病院やよくある整骨院での一般的な抗がん剤の副作用への対処や施術はどういうものか?

そもそもガンが発症してしまうほど、内臓が弱り、化学薬剤の影響で更に弱っている内臓が悲鳴をあげているのでは?

吐き気、嘔吐やめまいなど、薬剤によって比較的改善しやすい副作用症状や、
時間とともに症状が楽になってゆくものもあります。

しかし何度も何度も、抗がん剤の投与を繰り返すうちに薬剤の良くない影響が身体中に蓄積してきたり、体力が減退してきて、西洋医学の対処療法的な薬だけでは症状が改善しにくくなることもあります。

つまり、その弱って落ち込んでしまった内臓、大脳中枢などの力を少しでも持ち上げて、元の状態へ戻してゆかなければ、どんどん抗がん剤のよくない影響が身体中に広がって、その対応に収拾がつかなくなってしまいます。

その内臓の状態や大脳中枢神経の状態を良くしておく事こそが、すべてのがん患者さんにとって、大変重要なテーマになってゆかれます。

例えば、抗がん剤や手術によってダメージを受けた内臓、器官などの組織、細胞の修復をはやめてあげるような新陳代謝の後押しや、墜ち込んだ免疫作用を持ち上げようとする身体機能の後押しなどです。

つまり、もっと身体の根本にある自己治癒能力の”お助けマン”が必要ではないでしょうか?

つまり、本当に求められているのは、 ガン体質や化学薬剤の影響で弱っている内臓をサポートしながら体質改善をする発想がとても大事なのではないでしょうか?

本当のカギは、自己治癒能力と健全な新陳代謝の復活だ!!

そもそもガンが出来るということは、
体液がガンが増殖しやすい酸性体質(食事療法などで改善可能)であったり、
肉体疲労、精神的疲労、食品添加物や電磁波など様々な物理的、精神的なストレスが何重にも重なって、身体を緊張させる交感神経がたかぶった状態になります。

この状態では、血流が悪くなって、内臓が冷えてきて、免疫機能も衰えてきます。
その上悪いことに身体のストレス状態に対応するため、
副腎皮質ホルモン(コルチゾール)が出てきますが、
これは、がん細胞などを食べてくれる白血球(NK細胞)の働きにブレーキをかけてしまうのです。

そしてそんな身体の状態の中、西洋医学的治療によって、手術で患部だけでなく、
もっと広めに正常な組織部位まで取ってしまったり、抗がん剤、放射線などで、
更に身体に相当なダメージときつい負担を与えています。

そのような体の状態は、自律神経などのバランスがとてもくずれ易く、体力も消耗していますので、身体の修復機能や自己調整機能が追い付かず、様々な副作用が出てしまうことになります。

治療においてまず最初に考えるべき点は、
副作用の症状そのものに対応するアプローチと合わせて、
ガンそのものや西洋医学のがん治療によって、
ダメージを受けた組織、臓器などを自己修復させやすい状態へもってゆくことです。

つまり身体の新陳代謝能力を上げてゆくことが必要です。
抗がん剤の副作用には、病院の薬剤療法などによる対処療法もありますが、
むしろ全身の血流を促進し、大脳中枢の疲労を和らげて自律神経機能を働きやすくさせ、全体のバランスを回復させることが、一番最初に必要です。

そのようにした上で、内臓自体の疲労を軽減させながら、
内臓を含む全身の新陳代謝機能(自己修復機能)を復活させてゆくことが、
結果、体力と身体のバランス機能が回復し、抗がん剤の副作用が治まってゆきます。

そして更に全身が回復してくることによって、白血球など免疫機能も回復、増強してゆき、ガンが蔓延りにくい体質へと改善されてゆきます。

そういう視点によるアプローチが絶対的にたりないのではないでしょうか?

南はり灸院では、具体的には、抗がん剤の副作用に対応するために どのようなアプローチを心掛けているのか?

南はり灸院は、抗がん剤の副作用を緩和除去して、免疫力を増大させるために、以下の二つに着目しています。

1)大脳中枢神経と内臓の連携を回復させること。

2)内臓自体の機能とポテンシャルを回復させること。

そして、これらによって、免疫力の増大と抗がん剤の副作用の緩和除去の為に、

自然治癒力=自己治癒能力の復活を目指す!!

 

☆自己治癒能力という”正常な身体の新陳代謝”を奮い起こす為には・・

排泄と解毒機能に関わる臓器の活性化を促す。 (腸と肝臓、腎臓、肺など)
・内臓の下垂を治し内臓機能の活発化を促す。 (特に脾臓、肝臓、膵臓と胃、腎臓、胸腺、骨髄の状態などを意識)
・大脳(自律神経、ホルモンや免疫の中枢)圧迫する要因(頭蓋骨の固さと過剰な脳脊髄液)への対策
・体温の上昇(血液リンパ循環の活発化)

 

その実現のために、以下の通り、
「刺さない鍼による内臓活性」、「エネルギー整体」「クラニアル頭蓋アプローチ」
による三つの手法によって、アプローチします。 

1:「刺さない針(無血)」で、落ち込んだ内臓機能の活性化を強力に後押し!!
「刺さない針(=無血)」で、五臓六腑(=内臓)を活性化させる氣の通り道(経絡)を調整します。

「刺さない針(=無血)」で、混乱し弱った身体、内臓機能の活性を強力に後押しします。

 

2:自己回復能力の活性を後押しするエネルギー整体:
内臓浄化促進手法と、内臓テクニックによって内臓下垂を正して、 内臓の機能の回復を目指します

3:クラニアル頭蓋アプローチ
自己治癒能力の元締めたる大脳の働きを圧迫する要因(過剰な脳脊髄液と頭蓋骨の変位)へアプローチして、 内臓機能活性、心身全体の再活性へ繋げてゆく

「抗がん剤の副作用の患者様のお喜びの声より」  ((60代女性 N・Nさん 抗がん剤副作用の緩和))

お客様写真

平成22年にガンの全摘手術を受けました。

今、現在元気です。
”ガン”が特別な病気とは思っておりません。

他の病気、例えば、高血圧、糖尿病、心臓病、腎臓病、肝臓病と同じように、他の人たちにカミングアウトできないのがとても残念です(がんを特別視する世の風潮に対して大いに疑問を抱いています。本当は、普通に生活できるはずなので、余計な神経を使わないで、笑って過ごす方が、何十倍も、何百倍も身体、免疫にとって良いとわたしは思って過ごしております)。

 

あくまでの私の意見として、

ガンに限らず全ての病で苦しむ方々には、南先生の治療を、様々な治療の中の一ツとしてと考えては、いかがでしょうか。

手術する、しない、抗ガン剤治療、放射線、薬物化学療法・・・
決断するのは自分自身です。
一般的な患者さんにとって(ガン友達も)、ガンで苦しむことより、様々な治療によって、味覚障害、発熱、関節痛、吐き気、食欲ない、無力症、脱毛、白血球減少、etc・・

このような過酷な薬剤の副作用がたまらなくつらいと聴きます。

幸いに奇跡的にして、少なくとも自覚症状として、抗ガン剤の副作用に全く軽く耐えられ、食欲旺盛、、です。
南先生の鍼灸治療の支えによって!!

”脈診”、”刺さない鍼”によって、自然治癒能力を後押しして頂き、
何より免疫力低下による体力の衰えが最小限・・否、むしろ、
元気な毎日を過ごさせて頂いております。

病気のすべてが免疫力の低下からなるものと思っています。

東洋医学、西洋医学が統合して、病で苦しむ方々の生きる喜びとなれば幸いでございます。

薬は薬にもなるし時折、毒となり得ると感じています。(平成28年9月1日記す)

(院長補足:ガン摘出手術後、6年半以上、そのあとも再発もなく、普通にお元気に過ごされています)
勿論、施術効果は、人それぞれに異なることは前提です。

60代女性 N・Nさん 神戸市

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

 

”患者の皆様方に”当院が選ばれる理由  :

本当に有り難いことなのですが、数年~10年経っても、治療院が移転していていても、探してご来院してくださる方々もたくさんおられます。

施術歴20年以上は伊達ではありません。

その理由は、お一人お一人の患者さんに誠心誠意向き合い、
どのような状態になれば、心身がより多く健全健康になられるかを考えて、
日々精進しつづけているからと感じております。

また、施術の面からは、
①極力皆様の心身に負担を与えない為の”刺さないはり”
②身体の歪を内蔵の状態から整えてゆくエネルギー整体
大脳中枢神経系統と内臓の連携をベストコンディションへと目指してゆくクラニアルテクニック
「心身一如」、心と身体まるごとひとつの統一体と考えることの賜物と感じています。

人は、身体だけ、心だけで健康を得ることが出来ません。

心と体は車の両輪のようなもので、お互いに直に密に影響を与え合うものです。

当院は、そのことを重要視して、両者の不調を同時に調えてゆく為に、

内臓と心、身体の各部を直接調整できる経絡治療を採用しています。

これからも益々、皆様のお役に立てますよう日々、精進して参る所存でございます。

鍼灸学校の教員の先生から推薦状を戴きました!!

お客様写真

南 喜雄先生を推薦致します。

南先生とは氣功を通じて知り合いました。

これからの鍼灸は、

氣功の原理と根本で通じ合い発展していくと思います。

南先生は、氣功の原理をご自身の治療に生かされ、

やさしく、しかも実際の効果のある施術をされています。

 

氣のエネルギーを調えることで、

身体だけでなく心ものびやかになり、

きっとこれからの人生への気付きを感じられることでしょう。

 

是非、南先生の”ささない鍼”で氣を調えてもらってください。

 

神戸市立盲学校理療科教員  脇岡 望文

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

ご推薦を戴きました!

プロフィール

アチーブ人財育成株式会社 代表取締役社長 NPO法人フィンランド式人材育成研究所 理事長 諌山 敏明 様

昭和60年 関西学院大学 法学部法律学科を卒業。
同年、住友生命保険相互会社に総合職で入社。
最年少の拠点長で社長賞「進取クラブ」で全国入賞を果たす。
その実績を買われ、全国の営業社員の人材育成を担当。
20年間で同社内外通算2,000回の研修講師として登壇実績がある。
生命保険トップセールスの世界基準MDRT入賞社員を多数育成。
その後、東証一部大手人材派遣会社の管理部長兼人事部長として転職。
平成24年に退職し、独立起業。
現在、アチーブ人財育成株式会社の代表取締役社長を務める。
平成25年にフィンランドへ単身渡航し人材育成メソッドを習得。
現在、NPO法人フィンランド式人材育成研究所 理事長。
メガバンク系シンクタンクの機関誌にも多く執筆の実績がある。
働き盛りの44歳に人間ドックで「腎臓癌」と診断され全摘出術を受け、癌を克服。

就労と病の問題を超克した経験を活かし、2017年3月に東大阪市にて市の要請を受け、
「がんを乗り越えたキャリア開発講座」を開催。
講師の自らの体験をもとに
「がん治療」と向き合いながら仕事をしていく為には、
自己のモチベーション・コントロールの重要性を説く。
また働く世代が、がんと診断されたとき、
必ず直面する「これから仕事をどうするか」という就労の問題。
「がん」と診断されたときに慌てないように健康なうちから
仕事(キャリア)に対するモチベーションを高める意識をする重要性を説いている。

● NPO法人フィンランド式人材育成研究所の創立し理事長を務める。
● 年間200件を超える企業研修の人気講師。
● 2016年、㈱幻冬舎より「男性管理職のための女性部下マネジメント」
を出版し、同年、経済雑誌「プレジデント社」12月19日号にも取材掲載

(南はり灸院への推薦文)

今から(2017年、春現在)11年ほど前、右の『腎細胞がん』(ステージ3、テーブルb)の全摘術を受け、
約1ケ月間の入院を余儀なくされました。 
 退院後、『統合医療』という言葉を知りました。
これは 西洋医学と東洋医学の融合した医療のことですが、
手術後は、鍼灸で「免疫力」を高めてがん再発予防の目的で、
南先生にお願いすることにしました。 
 主治医からは、5年生存率はまだ6割程度、インターフェロンの抗がん治療を勧められましたが、
『統合医療』を信じ、自己治癒力と免疫力を高めることに決意して、
南先生のお世話になりました。 

 先生のおかげで、今ではすっかりで体調も回復し、仕事も順調に頑張っています。 
今では抗がん剤の治療をしなくて本当に良かったと思っています。
 つまり、がんをピンポイントで取り除いてゆく西洋医学のお陰と、
その後、東洋医学によって心身のバランスを整え元気を回復し、自己治癒力と免疫力を高めて
がんを再発させない、増やさないといった統合医療の方向性が、私には一番合っていたのだと思います。

 南先生の鍼は、大きな特徴として、いつも治療を受けながら興味深く拝見しているのですが、
極力刺さないか、あるいは、まったく刺さない接触だけの鍼なんです。

それは、患者さんの体力ことを最重要に考えているからです。
また、刺さないことによって、免疫力が落ち込んだ人の身体を悪くするリスクがないということを強調されています。
もちろん、免疫力が旺盛で体力がある人には、必要があれば、刺すこともされますが、
他の一般的なの鍼灸家と違って、徹底的に刺すことの意味の追及と臨床経験を積み重ねられてきました。

 特に面白いと思った事は、効かそうという思いから、刺せば刺すほど、悪くなることも多いとよく仰っています。
何故ならば、身体全体(大脳や内臓も含めて)と各部分は、目には見えないレベルでも
密接に互いに影響しあっているからだと仰います。

鍼は、むしろ刺さないことの重要性を弁(わきま)えることによって、
効果的な鍼の施術ができるようになるともいつも仰います。

ところで、南先生が事あるごとによく強調されているのは、
真の治療の主体は、一体、誰かということです。

実は、それは医師でも他の治療家でもなく、実は、患者自身そのものだということです。
もちろん、がんを治療する段階では、専門家である東西両医学の治療や知見が必要であります(積極的な治療をしない時でさえ)。 
しかし、様々な治療方法で、目に見えるガンはなくなったとしても、
本当の意味でがんの完治および再発予防をするのは、がん体質の改善だといいます。

 数年前、アメリカの某有名女優が、遺伝子検査で将来の乳がんリスクを回避するために、
なんと発症する兆候も何もない段階で、自分の乳房を取り除いてしまいました。
その対処方法が、適切であったかどうか、その是非を問うことは、もちろん誰にも出来ません。

 しかしガンに関する様々なレポートや知見などから、がんの発症リスクが、
食生活の内容、生活行動様式、精神状態(ストレスフルで免疫力が抑制される、あるいはリラックスや笑いなどの緩みが
免疫力を高めるなど)に大きく左右されるということが分かってきています。

 詳しくは、ここでは述べることができませんが、南先生は、
日々の治療よりも、むしろ、こちらの方が重要であることをいつも強調されています。

 つまり、本当の意味でのがんの完治、あるいは、たとえがん細胞が消えなくてもがんとともに生きるという選択など、
がんに悩まされなくなる生活とは、西洋医学、東洋医学などの治療と合わせて、これらのことを十二分に留意し生活全般の見直しが絶対的に必要だということです。

 そのために、南先生は、患者さんにとって、治療自体よりも大切なことは、むしろ治療家に依存させない治療の進め方ということであり、
そのことを常に考えています。

 そして個々の患者さんには、何がその方にとって根本的な問題となり、病気が進んでしまったのかということを考え、
その対処法として、治療の邪魔にならずむしろ後押しするような家庭で取り組めることや、生活の仕方で大事なことなどの情報も提供してくれます。

また、ガンになって分かったことですが、
患者はガンに罹ったことを知った瞬間から、とても不安な心理状態になります。
また職場の環境や友人など周囲の人々もその事実を知ると、様々に対応が変わってきます。
しかし、その大半が患者の心理状態の不安面に拍車をかけることが多いのです。

治療が十二分に効果を発揮して行く上でも、この不安感を和らげてゆくことは、本当に重要なことであると実感していますが、
南先生は、何でも話を聴いてくれて相談にのってくれます。
常に患者さんにとって何が重要かということを考えているからだと思います。

もし、この推薦の文章をお読みになられて、いろいろと不安をお持ちになられている方がおられましたら、
是非、一度、南はり灸院の南先生にご相談されることをお薦め致します。

 

 

 

ご推薦を戴きました!

プロフィール:

1968年 大阪府に生まれる
1988年 神戸学院女子短期大学卒業
1995年 信越放送株式会社(SBC)とフリー契約。
長野県でラジオのアシスタント兼レポーター ・テレビのレポーター
・CM・ブライダル・イベントの司会などに携わる
2001年 結婚を機に大阪に帰省。
関西を拠点にブライダル・イベント等の司会に携わる傍ら、
日本筆跡診断士協会創始者である森岡恒舟氏のマンツーマン指導のもと筆跡診断を学ぶ。
2006年 日本筆跡診断士協会 筆跡診断士となる
2011年 筆跡鑑定研究所の登録所員となる現在、筆跡診断士として各地での講演に力を注いでいる。
筆跡診断士養成通信講座・マンツーマンレッスンの講座を開講して筆跡診断士の育成を行うほか、
筆跡診断書の作成とカウンセリングも行う。

また、最近では、社員採用や人事に筆跡診断を活用する企業が増えてきている為、
企業からの依頼による講演やアドバイス、教育現場での筆跡指導にも尽力している。

【特筆事項】 7月29日と30日の二日間にわたって、「日刊スポーツ」(全国版)に掲載されました。
リオデジャネイロ五輪に出場するメダル候補の皆さんの【筆跡診断】をさせて頂きました。
29日・・・内村航平選手等6名を診断
30日・・・卓球、競泳、柔道、競歩、女子ラグビーに出場する選手・7名を診断

 

<南はり灸院へのご推薦文> 

  私は、今から6年前「卵巣がん」を患いました。
どうしても抗がん剤治療に踏み切れなかった私の前に、ふと現れたのが南先生でした。

がん患者の会で出会いました。私は、両親共にがんで亡くしていたこと、
自分の身体の不安もあり、南先生にお会いした時は、情緒不安定、
原因のわからない体の痛みにな悩まされる毎日でした。

「是非、一度、うちに来てください」という言葉がきっかけで南はり灸院に通うことになりました。
しかし、はり治療が苦手、すると、「刺さないはりで治療しましょう。」という言葉が返ってきました。
その言葉がきっかけで今もご縁が続いています。 

がんを患ってから、色んな先生方の本を読み食生活の改善、免疫力を上げること、
自然治癒力を高めることが如何に大切なことか理解できるようになりました。
そして、生活に東洋医学を取り入れ、癌という病気を克服したいと強く思うようになったのです。 

南先生は、毎回、治療前に細かく身体の症状を聞いて下さり、
今、どの部分を強化しなければいけないのかを的確に伝えて下さいます。

そして、刺さないはり治療、日頃の食生活、生活態度のアドバイスもして下さいます。
私の望む治療を提供してくれるので安心感があります。

個人的にはエネルギー療法が気に入ってます。
日頃、寝つきが悪いのですが、
南先生のところにいくと、決まって治療の途中から体中がポカポカし、
いつも冷たい手が温かくなるのが実感できます。

気が付いた時には気持ちよく寝てしまっています。
免疫力が上がっていることが実感できる瞬間です。 身体のバランスを保っていくのはとても難しく、
南先生の手を貸して頂きながら毎日を送っています。

身体は正直で、暴飲暴食が続くと悲鳴をあげます。
気圧の関係で身体に痛みが走ります。
しかし、お陰様で先生の手をお借りしながら、改善の方向へと進んでおります。 
そして、やはり世の中には東洋医学だけではなく、西洋医学も必要と日々感じております。
その考え方も南先生と同じであること、共感することも多いです。 

謙虚な姿勢で患者さんと向き合う姿は素晴らしいと感じております。
これからは、他人任せではなく自分で納得した治療を、
自分が選んだ先生を信じて取り組まなければいけない、
そんな時代が来たのかもしれません。

 

 

料金割引!!

「HPみて来た」で、初回(初診料+実費)、10,000円が、

4,980円に割引!!

がんによる症状や抗がん剤の副作用に苦しみ悩んでいるあなた様へ

 

南はり灸院の施術は、悩み苦しんでおられる症状を楽にしながら、
本来あなたの持つ自己治癒能力や身体維持能力を阻害する要因を調整して、
あなたの身体が治りやすくするための土台創りを目的とした施術です。同時に病院での治療もより良い結果に導くための施術を旨としています。

そもそもガンと戦っているあなたは、時に、とてもとても孤独な不安に駆られることも多々あると思います。

南はり灸院は、施術だけをして終わりという鍼灸院ではありません。

内臓を元気にする簡単な家庭で取り組める療法や免疫を上げる食材や民間療法、漢方医学的療法などもご伝授したり、
不安への対処法をお伝えしています。

また、特に長期通院が必要な場合でも、ご遠慮なさらずにお気軽に、ご相談くださいませ。

よろしければ、南はり灸院も、選択肢のひとつに加えていただければ、幸甚にございます。

営業時間

10:00~13:00|14:00~21:00

休診日

日曜・祝日(予約受付可!)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

南はり灸院

ご予約・お問い合わせはこちら

078-222-2089

078-222-2089
メールでのご予約はコチラ
受付時間
10:00~13:00|14:00~21:00
定休日
日曜・祝日(予約受付可!)

〒651-0094神戸市中央区琴ノ緒町3-2-1, 琴ノ緒ビル4F