院長プロフィール

院長プロフィール

・氏名:南 喜雄
・生年月日:1962年4月生まれ(おひつじ座)59歳
・出生地:神戸

・元(社)兵庫県鍼灸師会会員・常務理事(組織部、総務部、青年部長、中央区支部長)

・元神戸はり医術研究会理事(塾講師兼務)

・小寺敏子先生を囲む会

【資格など】:はり師・灸師(1998年取得)、

氣医学療法士(沈再文医学博士)

タッチフォーヘルス レベル1,2、メタファー修了(IKC国際キネシオロジー大学公認)

CFT学部終了(長谷澄夫氏クラニアル、内臓テクニック、CFT治療)

【研究会主催】

・神戸治療家塾(鍼灸師向け・一般人向け:神戸氣エネルギー医術研究、神戸免疫力増強調整法研究、クラニアル、子午・奇経治療、経絡治療、かむやはと健康法などなど)

【趣味】:①コーラス(学生時代関学グリークラブ所属)バリトン
東芝EMIのレコード録音経験多数あります。

以前はプロから幾度か勧誘をうけるぐらいの合唱好きでした。

②気功:経験約30年以上(沈再文老師、沈再平老師、加藤公一老師)

【尊敬する歴史上の人物】:
イエスキリスト、大国主命、天児屋根命、神武天皇、楠木正成公、
王陽明、大塩中斎(平八郎)、河井継之助、ガンジー、マザーテレサ

【信条】

「運命の中に偶然は無い」
「人は、偉大なる創造主の宇宙森羅万象の造化生成化育の御力とその運行のなかで天地と共に栄えるべきもの=日本神道の大和(やまと=だいわ)の精神=宇宙大自然と大調和してゆく精神」

「万教一致で、自分の信念心情によって他とけんかをしない」

氣功エネルギーは、素粒子や量子エネルギーのこと。ノーベル賞受賞の物理学者や、多くの医師達が認めています。私は、30年以上、氣功法の実践経験を持っています。

わたしが日々、癒しの道を生きるのは?

あの阪神淡路大震災の時に、確信を深めました!!

もともと、困っている人を無視することができない性格で、
鍼灸の国家資格を取って業界に入る前から、
よく人に素人のマッサージもどきなどもさせていただいておりました。

また安岡正篤先生を通して、東洋思想の奥深さを知る一方で、
上海から来られていた、伝統的太極拳の伝人の気功家、沈再平老師より
気功や太極拳を習い、氣の医学の存在を知る切っ掛けとなりました。

社会人としては、半導体や電子部品の専門商社で頑張っておりました。
それでも、何か、自分の中でもっともっと直接的に人に役立つ実感をしたい!

自分のこの両手で困っている方々のお役に立ちたい!!
という思いが強まり、8年半在籍していた会社を依願退職し、
氣の医学、東洋医学の主流である鍼灸の道を志すようになりました。

しかしちょうど、平成7年の受験さなかに、神戸市中央区の自宅で、
あの阪神淡路大震災に直撃を受けました。

被災後も、町内の動けないお年寄りの方々の為に動きましたし、
中央区の震災ボランティアにも2月から参加いたしました。

そのなかで、やはり直接自分の手によって、
困っている方々のお役に立つことの実感に
迷いの無いことを再確認できました。

そしてその年の4月に鍼灸学校へ入学し、3年間就学し、
国家資格を得ることが出来ました。

その思いは、25年以上経った今に至るまで変わらぬどころか、
想いがより深いものに進化してきております。
万病の根源と言って過言でないトラウマや精神心理的抑うつ感情が絡んだ
頑固な肩首のこり痛み、腰部痛、頭痛などは、もちろんのこと、
もっともっとガンや自己免疫疾患など難治性の疾患、症状の方々のお役に立ちたいという思いを常に強く胸に抱きながら、
鍼灸治療に取り組んでおります。
例えば、

強烈な抗がん剤の副作用の全身倦怠感、食欲不振、便秘や下痢、免疫力の低下、
あるいは、自己免疫などの暴走の調整、自律神経失調症状などで

不眠や吐き気、嘔吐、発汗、緊張、不安感等などの辛さで泣いておられたり、
不妊治療などで中々上手くゆかない方々に対して
可能な限りを全身全霊でお役に立てることを目指し、
日々、精進いたしております。
お悩みのこと、ご相談、お待ちいたしております。
☎ 078-222-2089まで。