諌山さん  最初の患者様の声

大阪市 Iさん 男性 腎臓がん手術後、体質改善、免疫増強

 

 

がん手術後の免疫力の向上および体調管理 、勤務先の定期健康診断で人間ドックを受けたとき、
右の腎臓に怪しい影が見つかり、即、精密検査。すると、やっぱり「がん」と告知。
治るがんには本人告知をするとは聞いていましたが、すぐに「死」を受け入れなければならないのか!という絶望感と、
「どうして自分だけ」という被害者意識に苛まれました。診断の結果、『腎細胞がん』と判明し、すぐに全摘術を受け約1ケ月間の入院を余儀なくされました。
幸い、発見が早かったので、ステージ3(テーブルb)ですみました。でも、発見が遅かったら、リンパや血液に浸潤し、転移の可能性が高い進行性のがんになっていたかもしれません。
がんという病気は、『自覚症状』のない状況で着実に進行していくんですね!
退院後、『統合医療』という言葉を知りました。西洋医学と東洋医学の融合した医療のことですが、鍼灸で「免疫力」を高めてがん再発予防の目的で、南先生にお願いすることにしました。主治医からは、5年生存率はまだ6割程度、インターフェロンの抗がん治療を勧められましたが、『統合医療』を信じ、自己治癒力と免疫力を高めることに決意しました。
右の腎臓を全摘術をしてから、今年で無事に5年が経ちました。先生のおかげで、今ではすっかりで体調も回復し、仕事も順調に頑張っています。 今では抗がん治療をしなくて本当に良かったと思っています。
自己の免疫力を高めることによって、転移・再発が防止できたと信じています。南先生、本当にありがとうございました。 これからも生きている限り、末長くよろしくお願いします。