こんな症状でお悩みではありませんか?

こんな症状でお悩みではありませんか?ガン難病でも自然治癒力を増強し克服される方々がおられます)

最近、抗がん剤もオプジーボも効かなくなった患者さんで、当院の治療を受けられてから、日ごとに良くなりつつある方もいます(皆から顔色がよくなったと言われ、漢方脈診も、生命力を表す”胃の氣”が益し艶とうるおいとしなやかさがどんどん増しています。
当院の鍼灸やエネルギー手法などで、縮小したり、ガンの増殖が止まる方々もおられました。そもそも本来、生きているということに、ガンの有無はほとんど関係がありません)。

  • 抗がん剤の副作用(白血球数の深刻な低下。とてもしんどい、ご飯たべられない、眠れない、免疫力を増強して、再発を予防したい!!等々)
  • 最近、がんであることが分かり、どう対処すればよいかがとても心配!
    (”がん”の症状別ページ、患者様の声へは、サイドメニューから、入れます!! また、院内ブログには、がん患者さんの改善報告もあります)
  • どこでも良くならない、この足腰のしびれ痛み(脊柱管狭窄、坐骨神経痛も、なんとかして~)
  • マッサージしてもすぐ元に戻ってしまう肩首のこりと重痛さ(外したいよ~!)
  • この頭痛さえなければ家事や仕事にもっと集中できるのに!!
  • ズウーーンとくるキツイ生理痛で動けないよ~イライラううっ!・・
  • 体がしんどいのに、眠れない。寝付きが悪い。朝起きても疲れが取れない・・以前の様に、ぐっすり眠りたい、眠剤も止めたい・・
  • 花粉症やアレルギー性鼻炎で涙や鼻水ずるずる~、くしゃみもとまらない!
  • どこでもよくならないアトピー、リウマチなど自己免疫疾患の症状を楽にしたい。

でも、

もう大丈夫

( 写真は、元ノーリツの選手で、大阪国際女子マラソン銅メダリストの岡本治子さんです。現役時代、当院に通っておられました)

 

南はり灸院の”刺さない氣功のはり”

内臓を元気活性化させる氣のエネルギー整体、

大脳と内臓の連携を強化活性するクラニアル整体

人に本来備わる”自然治癒力”を復活させる、否それ以上に増強し、お悩みのその辛い症状を根本の原因から

どんどん楽にしてゆきたくないですか。

 

以下に乳がんの症例2点他、数例の患者様の口コミなどをご紹介させていただきます

症例1の患者様

【症例1】乳がんの患者さんから口コミを頂きました!!

この方は、愛知県在住の主婦の方ですが、

熱心にはりとお灸等々の治療のため、神戸まで通っていただきました。

その甲斐あって、がんも小さくなり、鎮静化され取きることができ、

心身ともにとてもお元氣にパワフルに回復されました。

以下、頂いた文書です。

 

南はり灸院に通い始めて早9ヶ月になります。
2020年6月、日頃から食べ物やシャンプーなど身体に取り入れる物に気を配り、健康を自負していた私にまさかの乳がん宣告が下されました。

検査をしたクリニックの医師にはしこりのある右胸の全摘出と再建を勧めらました。
紹介された病院では標準治療の抗がん剤、放射線治療を受ける気にはなれず、人間の身体は細胞も骨も毎日生まれ変わっているから、心と生活を改善したら、少しずつでもきっと元の身体に戻せるはずだと考えました。
それからはインターネットでも情報をかき集め、癌の自然退縮というキーワード検索をして、南はり灸院にたどり着きました。

南先生はいつもとても丁寧で熱心な治療をして下さり、はり灸だけでなく、気功のようなエネルギーを動かす治療もされます。
治療の後は身も心も軽くなります。

南先生の実力ある治療もさることながら、先生のお話で、何より私自身の自然治癒力への信頼も高まり、治せる!という気持ちが湧き上がってきます。

乳がん発覚から1ヶ月半、
念のため、しこりの摘出手術はしましたが、術後の主治医の説明では、癌のしこりはすっかり大人しくなっていたということでした。
手術までもう少し気長に治療をしていたら、、、との思いもありましたが、おかげで小難で済みました。
南先生に巡り会えたことを
心から感謝しています。

 

 

【症例2】2018年の3月末からご来院されている乳がんの患者さまより、口コミを戴きました。

次の症例口コミは、40代主婦の方で、乳がんの治療でアメリカから日本に帰国されてきました。

週2回のペースで、内臓を含む全身のバランスを調整する経絡治療と、更に自然治癒力を底上げ強化してゆく目的で、

内臓の”氣”の波動の状態を浄化してゆく”氣”エネルギーテクニックと大脳の圧迫要因を除去し脳幹部の生存中枢を活性化するクラニアルテクニック、そして、ビワエキスを塗布し行う温熱療法(三井温熱器)の患部温め治療全身の解毒効果と免疫を高める腹部への施灸の組み合わせで、かなりのペースでがんが退縮してきています。

ご自身でも、糖質の量に気遣われるなど食事療法、アミグダリンなどの効果も確かに出ているのだと思います。

場合によっては、スマートイオンの使用も最初は考えましたが、どんどん、良くなってきているので、メニューは変えませんでした。

以下、口コミ全文、ご参考まで。

私は今年の冬(平成30年)に体調を崩し、総合病院で診て頂いた結果、乳がんという診断を受けました。(推定5センチ)
その為、すぐに標準治療に入る検討もしましたが、もともと風邪薬を飲む事ですら躊躇う神経質な私には、抗がん剤治療の話は現実的ではないと思いました。
その頃、いろいろな代替治療について調べていた時、インターネットで南先生のことを知りました。

初めて伺った日は院内の雑多な感じに少し驚きましたが、帰る頃にはそれまであった背中の痛みは消えてハネが生えたような気分でした!
それからは週2回、鍼での全身調整と気功や温熱治療を取り入れた免疫力を高める治療をして頂くようになりました。

今は(7月下旬)体調もすっかり良くなりつつあります。M R Iの結果も、何と2センチ弱に縮小していました!!

先生には本当に感謝しております。

 

###(院長追記)2019年2月時点、更にがんの縮小(1.5センチ)と、白血球数の増加、(1000代→5200まで増加)リンパ球と顆粒球の割合の適切化=自然治癒力の適正化(福田、安保理論:自律神経免疫療法理論)しつつあります。


2019年5月、とうとう、
主治医より、癌の成長が止まったと診断され、手術も抗がんホルモン剤も勧められなくなったと患者様から報告を受けました!!

我ながら、”はり”で、五臓六腑の氣の流れを調和統一し、大脳(自己治癒能力と関係する脳幹を含む)活性を目指す”クラニアルテクニック”、そして白血球を増加、活性させる”お灸”の力を改めて再認識した次第です。