施術の流れ

一般的な施術の流れです。急性症状など症状の程度、種類によって、若干流れが変わることもあります。

STEP1.問診

症状に合わせた施術をするため、じっくりとカウンセリング致します。

初心の患者様は問診表に必要事項を記入していただきます。

その際に自己診断で痛む箇所や腫れている箇所を記入していただきます。

どんな痛みや症状がいつからあるのか、などお話を聞いて痛みの原因をさがします。

問診で、現在のお悩みや症状、生活習慣などをお聞きした後、

さらに詳しくお体の状態を知るために、ベッドに座っていただき、脈をはかりながら、身体のどこにネック(ひずみ)があるのか、鍼(ささない鍼を使用します)と脈の反応を照らし合わせながら症状を確認します。

■舌の状態を診る

■脈を診る

■腹診や手・足・背中のツボの状態

など、体に現れている反応をつぶさに診察します。

STEP2.切診

STEP3.触診

ベッドに横になっていただき、内部の症状を診断します。

(内部とはいわゆる五臓六腑のことです)

内部と脈の反応を見ながら、パターンにのっとり施術していきます。

(パターンとはいわゆる施術の証、法則のようなものです)

患者様の症状にあった治療計画を立て筋肉の緊張や、治療を始めていきます。

全身のバランス、ネック(ひずみ)になってる部分を脈をとりながら鍼治療により調和していきます。(当院の鍼治療はささない鍼がほとんどです。)

もう一度座っていただき脈をとりながら、背中からの反応を確認します(内部の反応)その後うつぶせになっていただき、背中・背骨の調整をパターンにのっとり調和していきます。

最後にあおむけになっていただき、脈をとりながら鍼治療により最終調整として調和していきます

STEP4.施術

STEP5.養生

施術が終わりましたら、カウンセリングしながら今後の施術内容、施術期間や施術頻度などをアドバイスをさせていただきます。

また、普段の生活で注意すべきことや日頃の体調管理など、

一人ひとりに合わせた養生指導をさせていただきます。