乳がんの患者さん、更にがんも縮小し、白血球の数も安定してきました。

前回、8月に口コミをお知らせ致しました、乳がんの患者さんは、12月の病院の検査で、

更に縮小しているのが分かりました。

 

更にうれしいことに、3月に化学療法で極端に、1000代に減少した白血球が4千台に回復してきました。

その内訳で顆粒球対リンパ球の比率も、6対4に近づき安定してきました。

 

自律神経免疫療法(福田安保理論)の生みの親、安保徹先生によると、

一般的な理想的割合は、

顆粒球対リンパ球は、6対4ということであり、様々なストレスや心身の緊張状態が続くと顆粒球が増えて、活性酸素が増えすぎて、身体を痛めすぎて、

ガンや難病などに陥りやすくなるということでした。

 

ところが、この逆もあり、副交感神経が優位になり過ぎても、アトピーやアレルギー症状などになり易くなるとのことでした。

そして、血流が悪くなり、冷えが蔓延るのか、ガンの発症もあるとのことでした。

 

この方も、顆粒球よりもリンパの比率が多い方でした。

それが今年3月に当院の治療を受け始められ、ここに至って、白血球の数が回復するだけでなく、

比率もほぼ理想になってきました。

 

何よりも、この方の身体的、精神的な状態が安定していることにご本人様や、ご家族様に喜んでもらえており、

治療家としても、望外の喜びです。

 

これからも、ガンや難病の方のため、そしてありとあらゆる症状、病の方々のお役に、

少しでも立てられるよう精進してまいります。

 

感謝