よくあるご質問

Q.はりきゅうはどの様な疾患に効くのか、公式見解を教えて下さい。

A. ■WHOが認めた適応疾患
(→ http://www.harikyu.or.jp/general/effect.html
【神経系疾患】 
◎神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
【運動器系疾患】
◎関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
【循環器系疾患】
◎心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
【呼吸器系疾患】
◎気管支炎・喘息・風邪および予防
【消化器系疾患】
◎胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
【代謝内分秘系疾患】
◎バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
【生殖、泌尿器系疾患】
◎膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
【婦人科系疾患】
◎更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
【耳鼻咽喉科系疾患】
◎中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
【眼科系疾患】
◎眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
【小児科疾患】
◎小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症
虚弱体質の改善※もちろん、これらのWHOが認めた疾患や症状以外にも、鍼灸師の中では経験的に確実なる効果を認めているものは数多くあります。

Q.鍼灸業界で一般的に認知されている効果効用について教えて下さい。

A.上記の公的機関による公式見解の他にも、はりきゅうの効果について、沢山の分野で認知されております。

”季節的特記事項!!”
”つらい花粉症の症状は、本当に速攻的に効きます!皆、驚かれます!!”

  1. スポーツ障害など、打撲、捻挫、オバーユース症候群、テニス肘、野球肘、シンスプリント、筋肉や筋繊維の外傷。
    骨折の治癒促進。コンディショニングや、リコンディショニング。試合前のストレス低減及び精神安定などなど一例です。
  2. 最近では、大脳活動の過剰興奮の抑制によるストレス低減、自律神経のバランスに働きかけ、内分泌系の活性化、さらに合わせて血流やリンパの流れを促進し、新陳代謝を活性し、排泄促進など、心身の内外から働きかけるはりきゅうの効果より、健全に健康を保ち、適正体重に近づけたり、美肌効果などのはりきゅうの効用に着目され、美容分野などでも益々、利用されるようになって参りました。
  3. 内科的疾患(腹痛、頭痛、糖尿病、高血圧、その他)
  4. 自律神経の失調による諸症状
  5. 内分泌性の異常による症状
  6. 視力回復
  7. 躁鬱などの精神症状
  8. 風邪、インフルエンザなど
  9. 疲労症候群
  10. 不妊症、逆子、妊娠悪阻(ひどいつわり)、乳腺炎(乳汁分泌異常)
  11. 乳幼児の夜泣き、疳(かん)の虫、
  12. 女性の生理痛、頭痛
  13. がん患者などの免疫力向上、痛みの緩和、抗がん剤の副作用の緩和

 

Q.鍼灸はなぜ効くの?

A.この問題を扱うときに必ず2つの視点を持って、それぞれ別個の立場で論じなければなりません。則ち、現代医学的な理論からと本来の漢方医学(東洋医学、中国医学、皇漢医学、和漢方、中医学を一応、ひとくくりにします)の立場からです。おそらく両者を直接結び合わせて考えてゆけるようになるには、手順として”氣”という何ものかのエネルギー体を現代科学で存在が実証され、氣のもつ働きや性質が解明され、漢方医学の医療文化体系が現代の医療の中にも取り込まれるようになってからだと思います。わたくしの勝手な推測ですが、素粒子(量子)が関与しているか、直接そのものを指しているのではないかと思っております。しかし、これは最近50年ぐらい前に亡くなった、柳谷素霊先生が生前に仰っていたことを知りまして、そのことに正直、感動と新鮮な驚きを覚えました。しかし、現状を鑑みるに、まだまだその認識からはほど遠い距離を感じております。

つまりこれを論ずるにあたって、まず最初に直面する問題は東西両医学において、扱われるのは同じ人間であったとしても、またたとえ目指す頂点は同じとしても、元々西洋の自然科学思想観に立脚した西洋医学の成り立ち方、思考法と古代の中国思想を背景にもつ漢方医学の体系が、全く別次元の医療文化であるということなのです。例えば、現代医学の内臓各臓器の概念と、漢方医学の五臓六腑の各臓腑の概念や言葉の示す範疇は、むしろ全く別物の如く異なります。漢方医学は、陰陽五行論という判断基準や物差しでもって、心身を宇宙の中の一個の統一体として扱い、相互関連性の中でとらえてゆきます。ですから、鍼灸業界の中でも、現代医療の中でも、西洋医学偏重の立場の学会や教育の場などで、往々為され勝ちなのですが、両者の背景や前提が全く違うということを踏まえず、何の分別もなく、両者をいきなり同次元で論じたり、同じ土台の問題として混ぜ合わせて解釈してしまうと、ただただ混乱を招くばかりであります。

以上の理由から、一応、現代医学的な立場でなされている解釈と、本来の漢方医学的な立場からとそれぞれ説明を試みます。

【まず、現代医学的な説明】
何故治るのかという事実の解明に関しては今まで随分、医療系大学研究機関、鍼灸大学の研究機関でも取り組まれてきましたが、現在に至るまで、何故治るのか?何故効果があるのかという治効理論に関しては、学会等で、実験や考察の報告の段階であり、決定的に解明されたとは言えず、未だ公式見解として統一的な結論がなされるまでにも至っておりません。

ただ、現代医学的には、以下の主な生理解剖的な作用、反作用の機構が関与しているものと考えられております。
01)体性―自律神経反射(体性―内臓反射)
02)軸索反射
03)はり鎮痛における
03-1)末梢経路
03-2)中枢経路(脳内モルヒネの関与)
04)下行性抑制系

*以下に簡単に説明いたしますと・・・

【漢方医学の立場】
現代医学と最も異なる内容の一つは、まず漢方医学では見ることの出来ない”氣”というものを機能の面からのみならず、物質的に存在するものとして論じられていると言う点であります。否、”氣”を除外したり、他の何かに置き換えては漢方医学は成り立たないということになります。無理矢理”牽強付会こじつけ”で説明をすると、本質を崩壊させてしまいます。

南はり灸院

ご予約・お問い合わせはこちら

078-222-2089

078-222-2089
メールでのご予約はコチラ
受付時間
10:00~13:00|14:00~21:00
定休日
日曜・祝日(予約受付可!)

〒651-0094神戸市中央区琴ノ緒町3-2-1, 琴ノ緒ビル4F