またまた、鍼灸学校の生徒さん達が臨床見学にいらっしゃいました。

6月の視力障がい者センターの臨床見学は一年生の生徒が6人、
教員3名がおこしになり無事終えることができました。

好評に引き続いて、夏休み中ですが、再び、臨床見学にお見えになりました。

今度は、2年生の学生二人(写真の真ん中の2人の女学生)が、
教員に連れられて当院へ見学に来られました。

氣のエネルギー調整を柱にした鍼とエネルギー整体を融合させた独自の治療手法を見学していただきました。

ちょうど、予定外の急性腰痛の急患さんが都合よく?おみえになられ、
事情を説明し快諾を得てモデル患者さんになってもらいました。

急性腰痛の患者さんと予定どうりの慢性症状の患者さんで、急性期と慢性期の
2パターンを解説してゆきながら、

ひとつひとつ脈診の変化と身体の変化がどのようにリンクして
治療上の指標になるかも見学していただきました。

鍼を刺す、刺さないの本当の意味と、
左右対称にある氣の流れ道(経絡)の調整を正確に施術してゆく。

それから、とても大事なことですが、操作を間違えば(誤治療)、
どのようになるかも実際に観ていただけました。

もちろん、修正治療で患者さんには、
一切ご迷惑を掛けず、満足のいく施術をさせていただきました。

生徒さんたちも熱心に見学され、質問もしてくださいました。

時間があれば、もっともっと色んなことを伝えたかったのですが、
またの機会にさせていただきます。

そのかわり、宿題もしっかりだしました(笑)

 

ブログ初投稿日 2017年8月2日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

南はり灸院

ご予約・お問い合わせはこちら

078-222-2089

078-222-2089
メールでのご予約はコチラ
受付時間
10:00~13:00|14:00~21:00
定休日
日曜・祝日(予約受付可!)

〒651-0094神戸市中央区琴ノ緒町3-2-1, 琴ノ緒ビル4F